・・・私がわたしであるために・・・

    ちゃらんぽらん♫すきっぷ二ストとして、ありふれた日常でフッと心に浮かんだモノ・コトを大切にしたい。

再び・・・できる範囲がパーフェクトについて

こんばんは。

 

名古屋のかおりんです。

 

 

 

 

今日は、

久し振りに

「できる範囲がパーフェクト」

というワードが飛び交いましたので

改めて

自分のアウトプットも兼ねて

書いてみようと思います。

 

 

 

 

できる範囲がパーフェクト。

 

 

自分を満たすまでは、

この言葉が

とても有効であることは、

確かです。

 

 

自分を甘やかす、ではなく、

自分を満たすためです。

 

 

 

でも、

できる範囲がパーフェクトで

いいの?と

疑問に思うタイミングがくるんです。

 

 

何故ならば、

人は、成長したい欲求があるから。

 

 

 

人の成長段階には、

 

知らないから できない

知ってるけど できない

知ってるから できる

できちゃった

 

 

この順番で成長します。

 

 

そして、

人は、「快」と「不快」

どちらを好むかと言えば、

「快」です。

 

 

この、

快と不快がどう関係してくるのかは、

 

 

どこに意識が向いているかです。

 

 

知らないから できない

できちゃった

この段階は、

意識しないでも

その状態を保つことができるので

「快」にあたります。

 

 

それに比べて

知ってるけど できない

知ってるから できる

この段階は、

知ってると意識しないとできない訳ですから

エネルギーを使う訳です。

 

 

そこに意識を向ける。

エネルギーを使わなければいけない。

ということは、

人としては、「不快」になる訳です。

 

 

できる範囲がパーフェクト。

 

ということは・・・

 

自分をいつも「快」の状態に保つということになります。

 

ということは・・・

 

「不快」でいる段階をどうするのか?

ということになります。

 

 

そして、

「不快」の段階にいたとしても

その中での

できる範囲がパーフェクトとして

少しずつ成長していく。

 

f:id:kirakirakaori:20210605223959j:plain

小さなハードルを

確実に1つ1つ越えていく。

 

確実に越えていくことで

最終段階の

できちゃった ゾーンに入っていける。

 

 

どうしても

一気に成長したい。

できちゃったゾーンに行きたい。

そう思ってしまうけど

 

日々の積み重ね、

1つ1つの体験の積み重ね

しかないんだな~と

改めて感じた今日です。

 

 

 

 

今日もいい日だ。

ありがとう💗