・・・私がわたしであるために・・・

    ありふれた日常でフッと心に浮かんだモノ・コトを大切にしたい。

初めての孫が生まれた記念すべき日。

こんばんは。
名古屋のかおりんです。

 

今日は、私に初めての孫ができた日。

f:id:kirakirakaori:20191218133906j:plain

(gurucoさんによる写真ACからの写真)

 

 

10年前の今日、私は、祖母になりました。

 

祖母なんだけど
出産に立ち会うという貴重な体験をさせてもらっています。

 

 

普通分娩で生まれるはずだった子が
急遽、、、
緊急帝王切開に。

 

隣で開催されていた母親学級は、
急遽、終了😅

 

バッタバタ。


帝王切開だから、
部屋から追い出され
廊下で待っていたら

 


蘇生セット!蘇生セット!

鍵がない!

 

 

そんな声が丸聞こえ。

 


ちょっと待ってよ。
勘弁してよ。
どっちに蘇生セットが必要なの。

 

あぁ、私、、、
娘と孫を同時に失うかもしれない、、、。

 


そんな思いを抱えたまま待っていたら
神妙な面持ちの病院関係者の方が寄ってきて

 

「いまから、救急車で運びますが心配いりません」と。

 


もうね、
何が起こってるのやら、
訳わからず。

 


救急隊員が到着して
出てきたかと思えば
保育器に入れられた小さな孫。

 

 

顔の反面に青あざ。
そして、
そっちの目も赤く充血。

 

何があったのかわからないまま
運ばれていく。

 

あのとき、
確かに目が合った。
と、私は思っている。

 

 


その日の夕方、
救急車で運ばれた病院の医師から

 

簡単に言うと、

顔面にパンチを受けた状態です。

頭の中にたまっている血液は、数日で消えますが
その後、何かしらの障害が現れる場合があります。


と、告げられた。

 

あの時だったなぁ。
ありのままのこの子を受けいれようって決心したの。

 

それから、
お誕生日=検査の日

発達について検査を受け
3歳でめでたく卒業。


それから、
成長するにつれ、
私は、育てにくさを感じていた。

 

だから、
言葉がけや子どもの発達について
本を読んで学んだ。

 

 

私がどうにも気になってしまい、、、
小学校に入る前に
発達検査を受けた。

 

検査結果は、
まさに思った通りの結果。


だからか~~と納得。

 

 

そそ。
検査を受ける時に
心理士の方がうちの孫に行ってくれたこと
「ママとばぁばは、あなたのことをもっと知りたいと思っている」

 

 

知ることができれば、
対応ができる。

 

対応ができれば
イライラしたり、
自分のしつけがいけないんじゃないかなんて
自分責めをする必要もなくなる。

 


一番アタフタしていたのは、
私であって
娘は、デーンとしてたわ(笑)

 


その娘の子だけあって
孫もデーンとしてるっていうのか
私って神だからって
スラっと言い放つ(笑)

 


孫に教えてもらうことの多いこと、多いこと(笑)

 

出産は、病気じゃないっていう人もいるけれど
出産は、母も赤ちゃんも命がけだってことを知って欲しい。

そして、
そうやって生まれてきたことが奇跡であるってことも
忘れないで欲しい。


生むと決断した母の勇気。
生まれるって決断した赤ちゃんの勇気。


生きてるといろいろあるけど
愛があってこそ
命は、生まれてくるんだと思う。


そんなことを思う今日。

 

改めて
自分の一番の直近であるご先祖様(父母)に感謝しようと思う。


いまじゃ、
すべて笑い話になってて、

ここから学んだ経験が
今の私の生活に活かされている(笑)

 

ほ~んと
無駄なことなんて
1ミリだってありゃしない(笑)

 

今日もいい日だ。
ありがとう♡