・・・私がわたしであるために・・・

    ありふれた日常でフッと心に浮かんだモノ・コトを大切にしたい。

武器のない平和を望む。なんてことを考えていた青春時代。

子どもの頃、

私は、国語よりも

算数が好きだった。

 

f:id:kirakirakaori:20190608222820j:plain

 

算数は、答えが1つしかないから。

 

 

国語は、

先生と価値観が違っていると

点数がもらえない、と思っていた(笑)

 

私は、「こう思う」のに

〇がもらえない。

答えと違うから。

 

おかしな話じゃん。

 

みんな同じ考えなんて!

 

だから、

国語は、先生と価値観が相違すると

点数が取れないから

(と、思っていた)

嫌いな教科だったな~。

 

 

美術も、、、

好きではあったけど

あるテーマでの作品で

私が思うところの「希望」と

先生が思うところの「希望」の設定が相違していて

点数がもらえなかった。

 

 

私が思うところ。

先生が思うところ。

 

各人の設定が違うんだよね。

 

そして、思うに、、、

私の価値観(表現方法)が

一般的なものから

外れていたんだと思う(笑)

 

そんな自覚は、あったなぁ。

 

 

 

 

欅坂46の「不協和音」を聞いたとき、

めっちゃかっこいい!って思った。

おばさんがね(笑)

 

「黒い羊」なんかも、、、。

 

高校生の頃かな、

ずっとそんなことを考えていた記憶がある。

 

反骨精神っていうのかな、、、

そんなものの塊だったかもしれない💦

 

権力に屈するものか!

多数決で物事は決められない!

校則?守ろうとしてから文句言ったら?

一緒にトイレ?意味不明~~。

 

世界は平和だって言っても

武器がなくなってないじゃん。

私は、武器のない平和を望む。

とかね。

 

 

 

 

 

そんな青春時代を送り、

生き辛さを感じてるのか、

感じていないのか、

自覚しないまま、

大人になり、

自分の思考がちょっと変わってることに気がつくものの、

外に漏れないように自分の中に仕舞い込んでた。 

 

 

いまは、
駄々洩れだけどね~(笑)

 

 

まぁ、それに、
グレーでもいいじゃん、と言いつつ、
白か黒かはっきりさせてよ!って言ってる自分もいるし、

なんとまぁ、忙しく、めんどくさいこと(笑)

 

 

 

 

今日もいい日だ。

ありがとう♡