・・・私がわたしであるために・・・

    ありふれた日常でフッと心に浮かんだモノ・コトを大切にしたい。

親子の姿を見て・・・

高校生か中学生の子と母親らしき人。

おそらく、母親。

 

そんな親子連れを何組も見かけた。

 

みんな決まって

キャリーバック(大きなバック)を

持っていた。

 

 

何があったんだろう?って気にしていたら

どうも、高校の入学説明会だったらしい。

 

キャリーバック(大きなバック)には、

新しい教科書が入ってるんだろうなぁ。

 

 

そこで、

気になったのが

そのバックを誰が持っているかってこと。

 

 

子どもが自分で持ってる親子。

母親が持っている親子。

父親と母親が持っている親子。

 

それぞれ。

 

どの親子が正解で

どの親子が間違いなんてことはない。

 

どの親子の姿にも

間違いなく愛がある。

 

f:id:kirakirakaori:20190326230025j:plain

 

 

 

その中の親子で

私が一番印象に残っているのは、

 

母親が持っているキャリーバックを

男の子が母親から奪い、自分で持ったの。

すると、その母親は、

「持てるから大丈夫よ」って男の子に声をかけた。

 

なんかね、

昔の自分を思い出したみたいで

ツンと込み上げてくるものがあった。

 

 

母よ、

そんな時は、

息子の成長を喜ぼう。

ありがとうと感謝を伝えよう。

ってか、

自分の荷物なんだからね(笑)

 

 

いろんな親子のカタチがある。

そして、

そこには、

いろんなカタチの愛があるな~。

 

 

 

今日もいい日だ。

ありがとう♡