・・・私がわたしであるために・・・

    ありふれた日常でフッと心に浮かんだモノ・コトを大切にしたい。

ご先祖様に感謝

8月11日

 

「ご先祖様に感謝すると、運がよくなる」

お盆よね。
ご先祖様に感謝よね、、、と
思いながら読み始めたら
湧いてきた思い出。

私、あの時の私を許せてないのかも。
ふっと湧いた感情。

遠い過去の思い出。


「うちの子になるかい?」

「うん!」


数日後、
これから自分の住処となる家の近隣の家に一緒にご挨拶。

「これから、うちの子になります。よろしくお願いします」

あれ?
私、何を決断したんだろ?
なんか違う。

そう思っても「帰りたい」って言い出せない。

だって、
自分が「うん」って言ったんだもん。
なんで、
「うん」って言っちゃったんだろう?

なんでも買ってもらえたから。
5歳の子が欲しがるもの
全て買ってもらえる。
それは、それは、
素敵な世界♫

いまなら、、、
いまだったら、、、
あなた、6歳よ。
自分で決めたことでも
いやなら、嫌って言っていいの。
あなたが選んだ道は、
一筋縄じゃ歩けない道だよ。
だからこそ、見つけた宝物は、
素晴らしいけどね。
と、伝えたい。

それと、これもあるかな。
もう戻るところは、私にはないって
勝手に思い込んでた。
DNA的には、3人弟妹。
周りの大人から
「この子だけ似てないね」って言われたことがある。
よく言われていたのか
しょっちゅう言われていたのか
記憶は、定かじゃないけど。
そんな言葉で、私は、、、
ここの子じゃないんだって
どこかで感じていた。
私は、橋の下で拾われた子ってw
めっちゃすごい思い込み。

そして、する、する
育て親へのお試し行動w
物が欲しいんじゃなくて
愛が欲しいって
叫び続けていた私の心。
(母の愛のカタチと私が欲しい愛のカタチが違っていただけ)

いま思えばさぁ。
この時の「うん」が無ければ、
経験できなかったことばかりなんだろうなぁ。
いまの私には、なれていなかっただろうな〜。

6歳に割りにいい選択したじゃん、私。

つらくて、しんどかったよね。
でも、見つけたもの、いーっぱいあるよ。


子どもは、お試し行動をする。
それは、
イヤイヤ期とか反抗期とも呼ばれている。

駄々をこねているダメダメな自分を受け止めてもらえるか。
背を向けて去って行ってりしないか。

ある意味、命がけの行為。

安心して自分を委ねることができるのか。
そういう行為をそのまま受け止めてほしい。
一緒にいて欲しい。

一緒にいるよ。
味方だよ。
ひとりじゃないからね。
大丈夫だよ。

伝えたい。

まずは、
自分に。

そして、
あなたにも♡

 

ameblo.jp