・・・私がわたしであるために・・・

    ありふれた日常でフッと心に浮かんだモノ・コトを大切にしたい。

怒りってさぁ、いけないこと?

怒り。

 

怒れちゃう。

 

怒っちゃダメなの?

 

 

怒りは、あるはずのものがなかった本当の感情の後に湧いてくる第二感情。

 

たとえば、

ずっと持っていられると思ったオモチャを取られた  とか。

まだ、一緒に遊べると思ったのに  とか。

 

自分が満足すまで持っていられなかった悲しいよ~。

もっともっと一緒にいたかったのに寂しいよ~。

 

悲しい

寂しい

 

が本当の感情。

 

 

そんな、悲しいや寂しいの気持ちが癒されず

怒りとなる。

 

そして、

まだ言葉が出ない幼い子は、

その気持ちを体で表現するしかない。

 

駄々をこねるとか

物を投げつけるとか

 

それを「しつけ」という言葉で何とかしようって、、、

 

 

 

第一、「しつけ」ってなに?

 

親が子に対して行う「しつけ」って、

この先、この子が生きていく社会の中でのルールを教えるもの?

 

それがいけないこととは言わない。

だって、それって親からの大きな愛だから。

 

 

 

言葉が出る前の子たちは、

しつけよりも、自分の素直な感情が受け止められる環境が大事たと思うのだけど。

 

怒ること=いけないことではない。

 

怒ること=生きることに繋がる。

 

自分の感情がしっかり受け止められるから

安心して子どもは、成長していく。

 

そんな気がするんだけどなぁ。