・・・私がわたしであるために・・・

    ありふれた日常でフッと心に浮かんだモノ・コトを大切にしたい。

よろこぶ母を見た

昨日なんだけど、

 

生みの母と一緒に育ての母の施設へ面会へ。

 

育ての母は、調子のいい時は、私のこと覚えていてくれるんだけど、

調子が悪いときは、誰だかわからない。

覚えているって言っても、数分後には、誰だっけ?状態なんだけど。

そう、母は、認知症

 

そんな母が、私の生みの母を見た途端、

嬉しそうに飛び起きた!

「〇〇~!」と名前を呼んだ。

 

私のことは、はぁ、叔母の名前を呼ばれたわ。

 

こんな母、初めて見た。

 

会話をするうちに、母がいるところは、ずっと昔。

母が若かりし頃。

 

そして、やっと思い出してくれた、私の幼少の頃。

 

かわいくて、かわいくて。

どこ行くにも一緒に連れていった。

だって、一緒に行くって言うんだもん。

 

だそうだ。

 

私、愛されていたんだよね。

 

もうさ、いつもは、我慢してる涙。

この日は、我慢できなかったよ。